もんむす・くえすと! ぱらどっくすRPG中章 攻略のコツ

前章からのおさらい的なものです。

続き物ですから、基本的なことは前と変わっていません。
なので、前章のコツの記事を読んだほうが、基礎的なことは分かると思います。
☆何をすれば良いか? サブイベントが発生しているかどうかはアミラに聞こう

ポケット魔王城内のアミラに話しかけて情報を聞けば、
現在の目的地やサブイベントなども確認します。

いつの間にか発生しているサブイベントなどもありますので、
アミラに話しかけて確認していきましょう。

また、仲間モンスターのイベントは、
ポケット魔王城内の張り紙で確認できます。
(アミラのいるところからまっすぐ上、淫魔3人がいるところの横)
こちらのチェックも忘れずに。

☆ヴァニラの店発展、パピの鍛冶修行も忘れずに

中章に入ったばっかりだと話題に出てきませんが、
一国の首都の事件を解決したあたりになってくると、
ヴァニラもパピも、自身のミニイベントのことを話し始めます。

当然、新しい街に着いたらの道具屋のラインナップを確認するのは忘れずに。

国の事件が片付いた、と思ったら
ポケット魔王城のヴァニラやパピに話しかけてみましょう。


☆中章からは寄り道をしていったほうがいい

前章は、道筋から外れたところに行くと、
会話のフラグなどがややこしくなっていましたが、
中章では、普通のRPGのように、
メインの目的地と、そこに直行せずにいける範囲の他の施設、という風になっています。

そのため、むしろ目的地に直行しないほうがいいようになりました。
寄り道をガンガンしていきましょう。


☆モンスターを仲間にしていくには、[話す]のスキルを活用していこう

前章をやりこんで放置していた方に、感覚を思い出してもらう意味でも書いておきます。
戦闘中に[話す]のスキルで、
話しかけたり、褒めたりしていって友好度を上げていき、
[仲間に誘う]などを使ってから倒すと仲間にしやすいです。

特殊アビリティに、仲間になる確率をアップさせるものを装着しておくのも忘れずに。


☆敵モンスターが既に仲間になっているかどうかの確認法

その敵が仲間になっているかどうかは、
図鑑→魔物図鑑を選択肢
モンスターデータを十字キーの左右でページを切り替え、
友好度や倒した回数が表示されている項目に切り替えましょう。

そこのモンスターの名前の下に
[仲間になっている]と書かれていれば仲間になっています。

戦闘中に図鑑を選択して閲覧した場合は、
ダイレクトにそのモンスターのところにカーソルが行っているので、
すぐにデータを確認することができます。


☆複数の種族を持つ仲間に注意

仲間の中には、種族を複数 選択できるものもいます。
ステータス→職業・種族履歴のところを確認して、他に種族を持っていないか確認しましょう。
(例えば、外見は人間だけど、
設定的に幽霊なキャラは、実はゴーストを選択できたりとか。
こっそり別種族が含まれていたりするときがあります)

もう一つ見落としやすいのが、イベントを経て種族が追加されているパターン。
「そのキャラの正体は実は・・・」というようなイベントを通過したら、
種族が追加されていることがあります。

これは、ゲーム内で告知されないので、自分で確認してみるしかないです。
そういったイベントを通過したら、確認してみましょう。

それと、イベントでクイーンに昇格したキャラも、
種族がクイーンにランクアップしていますので、よく確認しましょう。


☆新しく仲間になったキャラは、もらえるプレゼントが何か確認しよう

新しく仲間になったキャラは、
ポケット魔王城で話しかけて何がもらえるか確認しましょう。
(海系のキャラは船のほうに居たりしますので、ポケット魔王城内のメイドに話しかけて、
船のほうに移動してみましょう)

特に、歌奥義書などは、状態異常の成功率に関わってきますので、
前章をやりこんでなく、
混沌の迷宮などで入手していない人は、こちらで入手するほうが簡単なので活用していきましょう。

プレゼントの法則などは、前章の記事で解説していますので、
そちらを参考にしてみてください。

尚、中章においては
物語途中で、ある食べ物(料理)が非常にピックアップされたイベントが起きるのですが、
そのイベントで関わるダンジョンでは、
雑魚敵が、その料理を落としますので、
ドロップ率をあげるアビリティやアクセサリをつけて、倒しまくると良いでしょう。
(軽減なしだったら、210も好感度が上がる強力な料理です)

その場所で、経験値や職業経験値も稼ぎつつ、
料理をかき集めることもできますが、
あまり鍛え過ぎると、本編がぬるくなってしまうので注意。


単純に金で解決するなら、後半になると貴婦人の村というところで
チャーハンが買えます
から、
それが通用するキャラには、それで解決してしまうという手もありますが。


☆グランドールの劇場も忘れずに

グランドールの劇場も、新たにステージの数が追加されています。
仲間が増えたら、閲覧できるステージが増えていないか確認してきましょう。

結構、いいアイテムがもらえるので、
ちゃんと見ていったほうが良いです。


☆盗めるアイテムもあなどれない

盗むで手に入るアクセサリなども強力だったりします。
特に終盤ではかなりの性能を誇るものが手に入ることも。

ハーピー系が盗む関係に長けていますので、
盗むを活用する場合は、ハーピー系の種族を使ってみると良いでしょう。

後半は、
踊り担当を素早さ遅めにして、
盗む担当を素早さ特化すれば、踊りとかを追い抜かせるようになりますので、
踊りの前に盗めるようにして、
死の踊りとかで片付けていくついでに
盗むを実行できるようにしていくとベターです。

















☆状態異常は相変わらず強い

戦闘では状態異常による封じ込めが強力ですから、
状態異常を中心に戦っていきましょう。

そこから言っても、サキあたりを連れて「キラッ☆」をしているだけで、
戦闘の進めやすさは段違いです。
但し、下半身がヘビの相手にはスタンは効きません。
その代わり、下半身がヘビの相手は睡眠が通りやすいです。
(特にボス戦で重要になってくる性質です)

ボス戦では、呪いの踊りで毒・暗闇・沈黙の3種を一気に確認できますし、
中章でも、歌や踊りは強力という認識でいいです。

その他にも、アクセサリの印系の装備(毒の印や睡眠の印など)、
それをつけて、効果+が付いて、ヒット数が多い技を使って
そちらのほうで状態異常を狙うというのも効果的です。

それと、意外に忘れがちなのがミニマム
パワーファイター系のボス、図体がデカイボスには、結構効くことが多いです。
大き目の力任せのボスには、使ってみましょう。
狙うには、アイテム士の反転:打ち出の小槌や
サキュバス系の種族が覚える黒魔法:ミニマムファンタズムなどを使います。

[強い状態異常を使える職・種族]

・アイテム士
商人の上位職
毎ターン回復効果を与える、漸時系のアイテム使用、
反転させて、逆に状態異常を与えることができる、反転系のアイテム使用、
これらが強力です。
但し、状態異常の成功率は歌や踊りほど強力ではないので注意。

・踊り子・吟遊詩人・スーパースター
遊び人の上位職
歌や踊りの強みは、固有アビリティでの成功率上昇を持っているのや
アビリティによる成功率アップ、
歌の奥義書、踊りの奥義書と組み合わせることができる点です。
これらことから、他の状態異常よりも、成功率を高くしやすいわけです。
おまけに最速発動なので、敵も最速を使ったとき以外は、
順番で負けないというのも大きい。
主力で使っていく場合は、スーパースターもマスターして、
歌や踊りの成功率アップのアビリティを取得しておきまほう。

・時魔道士
スローやストップを使うことができます。
決まれば強力で、尚且つ他が通じなくてもこれだけは通るとかいうのもいますので、
どこぞの奇妙な冒険みたいに、時に関する能力は最上位の扱いを受けている感じです。
但し、ストップそのものの成功率が低いので中々、
毎回安定させて成功させるというのは難しいです。
下で説明している竜宮舞妓やストップの印をつけて多段攻撃などもありますが、
ストップの印は、混沌の迷宮じゃないと手に入れるのは難しいでしょうから、
混沌の迷宮を行っていない人は、印で狙うのは考えないほうが良いでしょう。

・竜宮舞妓
海洋系の種族(職ではなく、種族のほうです)
ストップ、スローの効果を持つ、時濁の踊りが強力。
また、属性抵抗を下げる 竜宮の踊り
風・水・土を一定ターン吸収するようにできる 竜脈の歌
など、他にも便利なスキルを覚えます。
問題は、アリスルートではない場合、
それほど[これだ]という うってつけのキャラがいない点でしょうか。
アリスルートなら、アリスに任せてしまえば問題ないのですが。



☆即死の有効性も忘れてはいけない

踊り子の死の踊りなど、成功率の高い即死は雑魚戦を楽にしますし、
通常の即死では難しい相手には捕食も使っていくと、もっと楽に進められます。

捕食を使うキャラでおすすめなのが、コーネリア(65537ページ)。
魔本術での魔法攻撃も、前章の中ではトップクラスの火力ですし、
(魔本術を使う場合は、ちゃんと武器も本にしておきましょう。)
その上、ミミックボアも覚えて捕食もできますので、捕食も担当できるわけです。
サキにキラッ☆を使わせて、もう一人の踊り子が死の踊り、コーネリアが捕食で、
大抵の雑魚戦は片付きます。

コーネリアを捕食が使えない種族にしていたいという時は、
専門家の蜜壺あたりを連れてきても良いでしょうが。


☆ボス戦では、アイテムなども使っていこう

ボスは勝てばいいのですから、ブーストドリンクなどのアイテムも
ガンガン使っていきましょう。

商人系列の職業をあなどってはいけません。


☆種族特攻を駆使しよう

中章からは敵のHPも跳ね上がってきますので、
ダメージを効率よく与えていくことがこれまで以上に要求されます。

そこで鍵になるのが種族特攻。
この種族特攻も中々ややこしい仕組みをしています。

・種族特攻の性質 その1
複数の種族を持っている敵には、どれか一つの種族の特攻をぶつけるだけでOK

仲間にしてみたらわかると思いますが、
ボス級のモンスターになればなるほど、種族を複数持っていることが多いです。
例えば、前章に出てきた七尾は、狐と魔獣の2つの種族を持っています。

こういった場合、片方の種族への特攻があればOKです。
2つ両方の種族特攻をつけたからと言って、威力が増したりはしません。

そこを考えると、魔獣もセットに持っている種族のキャラも結構いますので、
アビリティをセットするポイントに余裕があるなら、
火力担当には魔獣特攻などをセットしておくのもいいかもしれません。


・種族特攻の性質その2
スキルの種族特攻に関して

これは中章入ってすぐの街でも説明するキャラがいますが、
ビーストキラー(弓技)などの技のほうで種族特攻が付いているもの。

これは、使うと5ターンの間、通常攻撃や効果+の技にも
種族特攻が乗るようになります。

要は、通常攻撃や効果+の技すべてに種族特攻が乗る
補助魔法も同時にかかるようなものということです。

ですから、武器の相性が悪い技の中に
そのボスへの種族特攻の技がある場合、
その武器の噛み合わせが悪くても、1度使うだけ使って、
そこからメインの武器の技を使っていくという方法もあるわけです。

例えば、剣を使っていてドール特攻の敵に特攻で攻撃したいけど、
剣には特攻の技がなくて、鎌の技にはある。
そういった場合、鎌技のドール特攻の技を1回使ったら、
後は、剣技のほうのスキルで攻撃していっていい
ということです。
無理にその鎌技を剣を装備したまま毎ターン使っていく必要はありません。

ちなみに、アクセサリやアビリティで種族特攻をつけている場合、
わざわざスキルのほうに特攻がついている技を使う必要は無いですし、
アクセサリやアビリティに特攻を付けて、技のほうに特攻がついたスキルを使っても
威力がさらに跳ね上がったりとかはしません。
アクセサリやアビリティをつけていれば、わざわざスキルのほうの特攻技ではなく、
一番威力のある技を選べばいい
ということです。


・種族特攻の性質その3
種族特攻は[効果]に属する

種族特攻は、[効果]に属します。
なので、効果+と付いていないものでは発動されません。

アビリティに特攻をセットしていても、
黒魔法みたいに、単一属性なだけのものは、特攻が乗りません。
(黒魔法であっても、属性+、効果+みたいな、
+が乗っているものはOKです。
黒魔法とかは、最上級職の最後の最後で覚える魔法で
ようやく効果+の魔法などが出てきます
)

特攻で大ダメージを狙う場合は、必ず効果+の技を使っていきましょう。


・種族特攻の性質その4
種族特攻と種族特攻ブースターの違い

種族特攻をさらに強める、種族特攻ブースターというものがあります。
これはその名の通り、種族特攻でのダメージ増加倍率をさらにアップするという物です。

気をつけないといけないのは、種族特攻ブースターをつけていても、
種族特攻が付いていないと意味が無いという点です。

種族特攻を狙う場合は、当然ながら火力目的でしょうから、
なるべくなら一緒に装着しておくことをオススメします。
ただ、この系列を覚えていくのは陸棲種タイプの種族ですので
その点には注意してください。
(アビリティとして習得するのが陸棲種なだけで、
種族特攻強化を持っている職や種族は結構あります。
弓系の最上級職は、職自体に種族特攻強化(ブースター)がついていますし、
エルフ系の種族なども、種族自体に種族特攻強化がついています。
ただ、それは職や種についているときしか適用されず、
セットできるアビリティとして覚えていくのは陸棲種だよ、ということです)

しかも、種族特攻ハイブースターを覚えるのは、
現状、陸棲種だけで、陸棲種の最上級職も種族特攻強化はついていますけど、
種族特攻強化はついていないので、
種族特攻ハイブースターをつける必要があります。

ちなみにアリスは陸棲種の種族も持っています。
そのときに注意が必要なのは、
その3で説明したように、効果+ではない技で攻撃しても種族特攻は乗らないという点です。
この点を忘れないようにしましょう。


・種族特攻の性質その5
アポトーシス系の敵に関して

アポトーシス系の敵は、どの種族特攻で攻めればいいの?
と思う方もいるでしょう。

アポトーシス系は、基本的にキメラ系、ドール系の特攻が有効なことが多いです。
要は、ヒルデと同じだと思えば良いです。

最新攻略作品

wiki(当サイトとは無関係)
http://seesaawiki.jp/mong/

商業 攻略作品
注目作 DLsite
注目作DMM
ナコの魔法と純欲の怪人
夏休み
同人作品特集ページ
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
GAME999
毎月 第二水曜日更新 同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
商業体験版
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
レンタルサービス
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
DLsiteのポイント還元について
マイページ

作品・評価レビュー

マイ評価

を選択し、購入済みの作品を
5段階評価で評価しましょう。
購入から3ヶ月以内に評価すれば、
同人の場合、ポイントが10%還元されます。
(3%ではなく、10%が基本になりました。
商業などは3%のままです)
DMM
美少女ゲーム
ハニーセレクト DL版 ハニーセレクト+活発パック カスタムメイド3D2 カスタムメイド3D2+ カスタムメイド3D2+ ACT.2 ジンコウガクエン2 コンプリートパック