好きなことで飯を食っていくというのは、どういうことなのか?

同人は趣味なのか、ビジネスなのか、
創作で飯を食っていくとはどういうことなのか?

良く話題になることが多いテーマですが、
当サイトの管理人としてはどう見ているのか、という話になります。
●趣味にお金がついてくるのは良い事なのか?

最初は、趣味という言葉に関しての話です。

趣味というのは、自分がやりたくて勝手にやるものです。
自分のやりたいことのために勝手にお金を注ぎ込んでそれをやる、それが趣味です。
採算 度外視の好き勝手のものを趣味と言います。

では、その趣味に、他人がお金を出し続けるとどうでしょう?
その人は、ずっと趣味ばっかりやりますよね。
でも、その趣味で作るものは、当然、その人が勝手にやったことであって、
金を出した人のためではないわけです。

「いや、だって、これに金を出してくれるといったのは、あなたじゃないですか」
ということになるのですから。

わかりますか?
[趣味]に金を出してやったら、
「あなたはずっと趣味をやっていていいですよ」ということに
燃料を与えるだけにしか過ぎない
ということになってしまうんですよ。

筆者はそこからしても、最近ブームになってきているEntyなどの
クリエイターに投資する仕組みは、
必ずしも、物事を良い方向に転がしていくものとは限らないと考えています。


●投資をするという事

[投資する]というのは[購入する]とは全然違います。
投資をするというのは、お金の使い道を相手が決めていくからです。

そのお金で素っ頓狂なものを作る可能性もあるし、
経費を無駄に掛けまくる可能性もあるし、
それどころか、必要もないことにお金を使ったり、
もっと酷いものになれば、
グータラになって物を作ることをサボることを加速させる可能性すらもあります。
(一番酷いのは、金だけ集めてドロンですけど)

ですから、投資というのは、絶対的に結果が約束されているものではなく
投資することによってどこにつながっていくか、投資する側が考える必要がある行為だし、
その相手をよく選ぶ必要があるという事なんです。

そして、中には、クリエイター側にも
投資というのは、投資する側が考えてお金を使うもの、
裏を返せば、投資される側にすれば、投資する側というのは頭を使って判断するんだよ。
ということを把握できてなく、
製作者側として趣味だけやっていたくて、そのことに投資してもらえる場所、
と考えているような人だっているわけです。

投資する対象を選ぶというのは、そういった奴に金を渡してしまわないように、
見抜く必要があるということなんですよ。


●お金に飢えている人ほど、ビジネスの面に流されていく

それで、個人的な感想ですけど、
(先に言っておきますよ。そういうデータとかありませんよ。個人の感想です)
お金をちゃんと出してもらえる人間というのは、
そうやって投資の関係の前から、
ちゃんと[ビジネス]と[趣味]、その両方の意味をわかった上で、
そのジャンルでやり遂げてきている人だと思いますよ。

趣味が高じて仕事に、という人も、
専業とかになったときから、現実と向かい合って進むことになります。
その上でちゃんとやってきた人間というのは、
基本、驕りません。

お金が入ってきたからと言って、
そこで浮かれて、人間としてストップしない。
お金は入ってくるようになっても、それをそんなに匂わせない。
仕事として、そのジャンルに集まってきてくれる人に、
普通の対応をこれから先も続けていく。
そういった人間にお金は集まっていく。

仮に、浅ましい人間が一発当てて金持ちになっても、
それに浮かれてひけらかすから、ずるい人間のカモにされて、
そいつの財布として利用され、そのためにまた稼がないといけない、
ということから抜け出せなくなります。
(よくある、金が入り始めた途端、痛い発言ばかりして、
周りをけなしまくる人間が、これですね。
ああいう人間って、裏では他の人間のサイフになってしまっているのが
ほとんどだったりします)


●フリゲ(無料)と同人(有料)の意識の違い

ですが、実は、成功ということを最初に出来る人間ですら稀なんです。
なぜかと言ったら、お金というのは、
使いたい人が、使いたいもののために使うからです。

勝手に作りたいものを作っても、それが欲しいものでなければ
お金を出しませんから。

先ほども言ったように、趣味というのはその人がやりたくて金をかけているものですから、
他人からすれば「何でお前の趣味に金を出してやらないといけないんだよ」
という話です。


なのに、「俺のやっていることにお金が付いて来い」
というわがままを捨てられない人たちもいます。

筆者が見てきた経験から言って、そういったわがままを抱えている人間は、
フリーゲームの製作者に多い
です。

なぜなら、フリーゲームというのは、作者が作りたいものを作る、
ということが優先されているからです。
難易度やシステムがメチャクチャであっても、それも一つの挑戦して片付けられるし、
付いてきたい人だけ付いてくる、というやり方でも構わない。
なぜなら、お金が関わっていないからです。

「同人も趣味じゃないか?」
と思う人もいるかもしれません。
でも、同人は明確に違う箇所があります。
それは[お金が動いている]という点です。


先ほども言いましたけど、お金というのは、使いたいものに使うものだし、
払いたいものに払うものです。
お金を払っているのは購入者のほうです。

そこからしても、
同人というのは、購入者たちの[好き]のほうが
強い場所
なんですよ。

対してフリーゲームというのは、作者の[好き]のほうが
強い場所
なんです。

そこが違っているわけです。


今まで、筆者も、フリゲ出身の人たちって
「腕はあるのだから、もっと評価されてもいいのではないか」
という目で見ていました。

けど、フリゲ出身者の人間達を観察していると
「ああ、やっぱりこの人たち自身に空振りしてしまう原因がある
というのが最近わかってきました。

フリゲ出身者は、基本的にコンクール気分が抜けていないです。
コンクールというのは、作品としてたくさんの人が手に取りたいものなのか、
そのコンセプトの中で面白い作品としてまとまっているかではなく、
[それっぽい]ものがいかに詰め込まれているか、
システムなどがゲームくさく感じられるものが入っていれば、
そういったもので評価されたりするからです。

そこで下手に評価をもらうから、
「自分はクリエイターとして能力があるんだ」と思い込んでしまう。

その結果、「人がうなるものを作ってみせる」ではなく
「俺にファンがついてこい」ということが前面に来る精神構造になる。

それは、同人という言葉の本来の意味ではそれでいいのかもしれませんが、
それだったら見返りなどを求めず、専業にまでして、
生活できることまで成り立たせようというのは矛盾があると思います。


その人(受け手)はその人(受け手)で、その人自身の心で判断しているのに、
そこを考えずに、自分が考えている購入者・消費者・プレイヤー像を当てはめて、
自分が望んでいる反応ばかり求める。
プレイヤー自身の主体・心そのものが許されてなく、作者が見ている輪郭しかない。

だから、ちょっとでも近寄ると勝手に
「やった、俺のことを話題に挙げている」と相手の声を我田引水してしまう。

野心が先行して譲ることができないまま、
それでも生きていくために仕方なく、嫌々譲ることをやってきたので、
成功に関して飢えていますし、ちょっとでも流れが来たら簡単に浮かれる。
そして、そういった人間は、浮かれた行動で台無しにして、また元に戻ってしまう。
フリゲ出身者ってその部分で自滅を繰り返すことが多い。


ただ趣味で作り続けたいというのなら、
仕事は別に持って、空いた時間でフリゲを作り続ける、というのだって構わないわけです。

なのに、お金を稼ぎたくて同人で価格をつけて販売しようともしているし、
Entyとかで支援を募ったりしている。

でも、やることはフリゲ(趣味)の延長上、
商売戦略も雑で、賞賛のされ方の期待の仕方はフリゲ時代のあり方。

そういった考え方を持ち続けてしまう背景には、
「これだけ凄い作品なら有料にすれば食っていけるよ」みたいな
フリゲを褒めるときの常套文句をそのまま引きずってのではないか?
という気がします。

[趣味]を好きなだけやれるように、
金の心配をなくすというのことを成功
と考え続けていて、
その[成功]と考えているものが
そもそも本質と噛み合っていないのに、それにしがみつづけているから、
積み木崩しを繰り返すことになる。

なんだかんだで、[趣味]で飯を食えることを望み続けるのが抜けきっていない。

結局のところ、このジャンルで飯を食っていくこと、
趣味でやるのが正解なのか、仕事としてやることが正解なのか、
そういったことに関しては、どのやり方が正しいのか、とかではなく、
そのやり方ならそのやり方で、どうやって物事を進めていくかの立ち回る力、
そこの話になってくると思います。

才能を注ぎ込む方向性、
それを展開するプロデュース力、そういったのも総合して、
売れる作品というのは生まれてくるわけですから。

世渡りや挨拶回り、そういった面で紹介されるかどうかに差がついて、
そこで明暗が分かれこともある。
こういった部分もきちんとできるかできないかで、差が出てきます。

逆に、「俺はゲームで成功してみせる」と、
ゲームを作ることだけにしがみついて、世間を知らないで
それだけで生きていこうとするのも、それはそれで色々なものが欠けた人間になっていくのかな

というのも感じますね。

ゲームを作るのが上手くても、
それに比例してゲームで稼げるようになるとは限らない、ということですね。

DMM 攻略済み作品
RPG
正しい性奴隷の使い方-暗黒大陸開拓記- リリテイルズ ミッシングリンク プロナント・シンフォニー ドラゴンアカデミー2ぷらす もんむす・くえすと! ぱらどっくすRPG前章 もんむす・くえすと! ぱらどっくすRPG中章 プリンセスサクリファイス 行け!! 鳴神学園オカルト研究部 王女アイリスの世直し冒険記 ハーレムファンタジー 女騎士リフィナ~亡国の女騎士淫辱旅~ リトルブレイバー 祈りの少女シャルロット タカシの夏休み 堕ビッチレオナの露出のアトリエ クローネのヤリまくり魔女修行 Rune’sPharmacy ~ティアラ島のお薬屋さん~ 限界!?お兄ちゃん シスタートラベル

ACT
極煌戦姫ミストルティア 極煌戦姫ミストルティア 強化パッチ プラチナのワーエルフ

SLG
竜王ちゃんの野望 戦国ニート ウィッチナイツサーガ 浮遊都市の作り方
Dragon Carnival 雷神7 雷神7パワーアップキット

DLsite 攻略済み
商業 攻略作品
ソフトハウスキャラ
巣作りドラゴン BUNNYBLACK BUNNYBLACK 2 BUNNYBLACK 3 悪魔娘の看板料理
呪いの魔剣に闇憑き乙女 ウィザーズクライマー 王賊 雪鬼屋温泉記 アウトベジタブルズ
ブラウン通り三番目 レベルジャスティス その古城に勇者砲あり! 門を守るお仕事 DAISOUNAN
DMM 美少女ゲーム
エロゲはエロゲ
ジャッジマン 説教
(音量注意 [エロゲ]という単語を力強く連呼する動画ですので、
本当に音量は小さめにしておいたほうがいいです)

ここからは、上の動画を見た上での、筆者が解釈していることであって、筆者の個人的な見解です。
そこを勘違いしないように、読み進められてください。

問題の根本はどこにあるのかといったら、エロというジャンルには、
エロで勝負する気は無いけど、エロもつけておかないと売れないから
心の底で、ある意味嫌々ながらエロも混ぜているエロ作品と、
エロというジャンルで出来ること、娼館経営みたいな
エロというジャンルじゃないと無理な作品、
その両方が混ざっているという事にあると筆者は考えています。

そして、エロじゃないと売れないから、
エロとは関係ない自分が込めたいメッセージ性+エロをつけていて、
そこでエロ以外の部分が評価され始めたりとかの部分が出てきたときに、
エロそのものが芸術的に扱われ始めたりします。

そういったときに、
エロというジャンルに含まれる要素、すべてが凄いかのように扱われ始めていきます。

で、内側の人間はどれだけ感動的だ、芸術的だ、とか考えていたところで、
外の人から見れば、エロを凄い=「このエロ本すげえよ、このエロビデオすげえよ」
と言っている
という目で見る、ジャンルに詳しくない人たちから見ればそれが普通の目なんです。

特に、その中でも、いわゆる[お堅い人たち]という層は、
潰すべきものだと考えているから、
エロとかが目立ってくると、そのお堅いスピリッツにも火がついて、
叩ける箇所、粗探しモードにも火がついてくる。

そうすると、そういった人たちは叩きやすい箇所を選びますので、
アンダーグランドな要素のもののほうを狙ってくることが多い。
例えば、娼館経営みたいな、エロじゃないとできないこと、
こういったことのほうを「アンモラルだ、けしからん」とつるし上げてきたりとか。
グロとかのほうを「犯罪予備軍だ」とか規制してきたり。

そういうのからダメージ受けやすいのは、
[エロじゃなくてもできるけど、エロもつけておけば売れる、知ってもらえる]
という作品よりも、
[エロじゃないとできないことをやっている]人たちのほうなんです。

エロじゃないできないことをやっている人達からしたら、
規制が厳しくなると、自分たちのできることが減って窮屈になっていく、
だから、「エロだって凄い物がある、もっと日の目を見て良いんだ」
と、善意のように奮起してても、
「それって本当にプラスな事なの?」ということですね。

そしてエロというものじゃないとできないこと、
そういったアンダーグラウンドなもの、ということを踏まえて活動している人たちからすれば、
そうやって表へ出ようと騒ぐこと自体、
推奨したいことではない、むしろ、お堅い人たちの目にとまって、
規制されるリスクが高まるから[余計なことをしないでくれ]と言えるわけです。

「というか、そもそもエロって、
そういったアンダーグランドだとわかった上での活動の場だったのに、
日の目を見ようとかそういったことのほうがおかしくない?」
「そのアンダーグラウンドなものを表に出さず、
そのままのほうがその範囲内で好き勝手に出来るのに、
それを表に出して窮屈にしていってどうするの?」
というのが、上の動画の言いたいことのような気がします。

お堅い人たちが厳しくしてきたのを
「今はあいつらがうるさいけど、少し時間が経てば、また表で目立ってやる」
とか感情的に思っても、
「そもそも、エロってそうやって表に打ち出すものじゃないでしょ。」
と、内側(プレイヤーの皆さん)にも苦言を呈しているように、筆者は受け止めています。
それが[だって、エロゲだから]という言葉の意味ではないでしょうか。

ウィザーズクライマー [ソフトハウスキャラ]
3000DL 突破 おめでとう

今度はCエンドのRTAが
活発になってきていますね。

いつも言っていますが、
Cエンドに関しては、本当に
[自力で]先にエンディングを見てください。
動画をアップした人も、
そう注意書きしていますし、
プレイした人も、そう思っている人が
ほとんどだと思います。

隠してはくれていますが、
どこまでという基準も無いですから
動画というのは、基本的にネタバレされて
当たり前と思っておいたほうが良いです。

それと、動画を開く前のサムネの段階で
ネタバレ部分が目に入ってくる可能性もあるので、
動画サイトで検索をかけた時点で、
ある程度は覚悟しておいたほうが良いです。


それにしても、自分の攻略記事が
他人に活かされているところを見ると、
攻略記事を書いて良かったな、
というのはあります。

ここのところ、つらい流れでしたし。
いや~、癒される。
( ^-^)_旦""
注目作 DLsite
お知らせ

10月7日より、ダウンロード版のほうにも、
パッケージ版で付いていた小冊子が
同梱されるようになりました。

購入されている方は、
ダウンロードしなおしましょう。
10月27日 発売予定
割引中の作品
同人作品特集ページ
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
商業体験版
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
レンタルサービス
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
電子書籍
エロゲ、エロアニメ、PCゲームのダウンロードショップ - DLsite Pro
GAME999
毎月 第二水曜日更新 同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
DLsiteのポイント還元について
マイページ

作品・評価レビュー

マイ評価

を選択し、購入済みの作品を
5段階評価で評価しましょう。
購入から3ヶ月以内に評価すれば、
同人の場合、ポイントが10%還元されます。
(3%ではなく、10%が基本になりました。
商業などは3%のままです)
DMM
DMM 美少女ゲーム ブランド特集
DMM 美少女ゲーム
ハニーセレクト 〜コンプリートパック〜

カスタムメイド3D2 カスタムメイド3D2+ カスタムメイド3D2+ ACT.2 ジンコウガクエン2 コンプリートパック
DMM 美少女ゲーム
エルフオールスターズ脱衣雀【Windows10対応】

エルフオールスターズ脱衣雀2【Windows10対応】

エルフオールスターズ脱衣雀3【Windows10対応】

河原崎家の一族2 完全版【Windows10対応】

遺作【Windows10対応】

臭作【Windows10対応】

鬼作 アニメーション追加完全版【Windows10対応】

野々村病院の人々【Windows10対応】

WORDS WORTH【Windows10対応】

ドラゴンナイト4 Windows版【Windows10対応】

美少女ゲーム
(電波・狂気系 耐性がある方だけどうぞ)
さよならを教えて ~comment te dire adieu~ [CRAFTWORK]
美少女ゲーム
(ミステリー系 描写注意)
殻ノ少女

虚ノ少女

サクラノモリ†ドリーマーズ1,2セット ダウンロード販売 百奇繚乱の館 ダウンロード販売