管理人の愚痴

どうせ調べればわかることですし、
過去にあったごたごたを整理する意味も含めて意見を書いておきます。

早い話が[恨み]の歴史、それをまとめているだけですので、
外の人から見れば悪口なるであろうことも、色々と含まれているでしょうから
読まれる場合は注意してください。

※日付は古いですが、思ったことを書き加えていますので、
結構、新しい内容です。
●[悪魔城サキュバス]に関して

これは単純に難易度が酷かったからキレただけです。
アクションだったので、2日で全部攻略書いて問題点を羅列しました。

その後、立ち上がりきるなら立ち上がれば、という形で
こちらは線を引きましたので、
その次の作品は、広告IDなしで貼り続けました。

最近に関しては知りません。
この人の作品は海外での売り上げも多いので、
単純に日本の売り上げだけで測ることはできず、
基本的に日本の売り上げ×2くらいが売れている量ですから、
それなりには売れているのではないでしょうか。


●[Goddess of Memorier]に関して

筆者が一番軽蔑している作者です。

再三話題には挙げましたが、
もう一度経緯をしっかり整理しておきましょう。


この作品、発売までにずれにずれこみ、
夏休みに他の強い作品が発売されて、その少し後に発売されるなど、
タイミングを完全に逃して発売されました。

それで、他の作品を扱った後に、
この作品を扱ったのですが、その時点でのゲームの内容が、
ノーマルエンドでは、真相が分からず全然解決になってなく、
真相は難易度ハードのエンドで。
となっているのに、その難易度ハードが実装されてなかったというものなんです。

だから、しっかりしたエンディングまでできていない状態で販売するという、
とんでもないことをやっていた
わけです。


その上、それから数ヶ月経って実装された
難易度ハードでこれまたやらかしています。

最終ボス戦で、一度負けイベントが入るのですが、
その無敵処理を味方キャラにも適用されているという不具合があったのです。

別に「不具合が一個あっただけじゃないの?」と思うかもしれませんが、
これの意味するところが問題なのです。

ラスボス戦で当たり前に遭遇するであろう不具合がそのまま
ということはどういうことかというと、
1回も通しでチェックしていないということなんですよ。

他にも
■■

こういった配置の宝箱の並び方をしてしまったり。
(■が宝箱です。四角の横と上は壁です。
この配置だと左上の宝箱を取得できませんよね)

こういうのは、通しでプレイしていればわかることですから、
通しで確認していないということがバレバレなんです。


それ以外にも謎解きのヒントの出し方がわかりにくくて丸投げだったりなど、
作り方が乱暴な部分が結構ありましたから、
すぐに扱いを取りやめたかったところなんですが、
紹介してきたから、それで買った人のことを考えると
いきなり攻略を消すというわけにもいきませんでしたから、
「しばらくは記事を載せます。
そして、この作品の広告は外しておきます」
としました。

で、その前には色々と問題点をトップ記事に書いていたのですが、
あまりに多くなったので、評論の記事を書いたほうがいいと
一旦引っ込めました、これがほぼ同じタイミングです。

そうすると、作者が
自分がつぶやてたことにビビッて筆者が書いた内容を消したのだろうと勘違いして
「もしかして言い返されると弱い?
広告貼らないならすぐ消せよ」
と挑発と文句を並べてきました。
(それまでも、チクチクと当サイトを指してのことだろうな、
という攻撃的な内容をあの作者つぶやいていました)


それでそのままだと、向こうが正しいかの空気が生まれてしまうので、
外へ向けてもきっちりわかる内容で、
自然とあの作品の問題点に気付くように、本質を語っていったのが
ゲームデザインに関して思うこと その1です。

これ書いたら、向こうは何にも言い返せなくなりました。


結局こいつは、「[広告]を貼らないなら」と言った時点で、
自分で金儲けだと認めているんですよね。

なのに、未完成品で売りつけたりしているのは自分だというのは棚上げ。
ちゃんとお金が欲しいのだったら、冬まで延ばしてしっかりしたものを出しておけば
すべて引き起きていない問題だったはずです。

その上、自分が作ったものがプレイヤーにとってわかりづらい問題とかも、
「料理を作るときに計器で測ってやらない奴っているよね。」
=説明とかを把握してすべて綺麗やらないプレイヤーのほうがバカ。
説明はすべて読んで、すべて把握して
いきなり完璧にプレイしないほうがおかしい。
と、けなすような発言をしていました。

※前後に料理の話題とか関係ない、
ゲームが発売された時期に、色々と応対している頃ですから、
ゲームを指してのこと、おそらくは筆者が作品を評した
「仕組みがわからないと難しくて、わかると作業ゲー」
という評価に関してでしょうね。
あのゲームは、コツに一番肝心なことだけ、チュートリアルは教えずに、ヘルプ項目にだけ記載していますから。
だから、全部しっかり読まない奴が悪い=買いてんだろうが、コラ。ということです。
要するに、すべてプレイヤーがバカなことが悪い、と考えているわけです。

やっていることがすべて、売りつけてしまいという野心なだけなんですよ。
作ったゲームも、他のサークルのネタを寄せ集めてそれっぽくしただけのものだし。
筆者が見た中で、最低の作者ですね。


●[ポケット★ソーサリー]に関して

これに関しては、作者の難易度に関しての考え方が
こちらから見て異常にしか映らなかっただけです。

職の数とかレパートリーだけは多いのに、
「これを突破するには、これとこれを組み合わせないと突破できません。」
みたいにギチギチのばかり要求する。

しかも、その要求される職が場面ごとに違うので、
同じメンバーで突破できず、作り直しも要求される。

ただでさえ、呪文を覚える選択を間違ったらリセットできず、
ちょっとやり直したいだけで作り直し。
キャラメイクさせているくせに、キャラに愛着をもたせるのではなく、
使い捨てにさせるゲーム。

[完璧]を実行するための試行錯誤の奴隷にさせられているだけのゲームでしたね。

本当に独りよがりの権化のような作品でした。


●サークル割引のシステムに関して

このシステム、やる前から嫌な予感はしていました。
ただ、その時点で
「こういうこともできてしまうかも」
と言ってしまったら、「ふむふむ、そうなのか」と悪どいのが真似する可能性があるから
黙っていましたが、それが無くてもやり始めたのが出てきましたね。

このシステム、勝つところがとことん勝つようになっているんですよ。

過去にヒット作が大量にあるサークルや
世界設定がつながっていて、どれもそれなり受けている作品があるサークルなどが、
新作の発売のたびに、割引とかしたらどうなりますか?

その日にぶつかった新作は飲み込まれますよ。
その新作にかけて努力してきた時間と経費が消し飛んでしまうんですよ。


そして怖いのが、報復が始まったときです。

「あいつに以前、潰されたから」
と中堅どころが仲間を集めて、今度はそれの新作にぶつけるとどうなりますか?

それとか、潰されるとか以前に私怨で気に入らない相手に
わざとにぶつけたりとか、やろうと思えば、
いくらでも潰しあいができるんですよ。

新作が出る直前に、割り引き一斉にかけて、
ランキング埋め尽くすとか、力があるところはできてしまうのですから。


しかも、当事者同士だけでも問題なのに、
これで一番迷惑なのは、偶然、それと同じ日に新作出す人です。
完全に、とばっちりですよ。

そうなると、さらに恨みが拡大する。
じゃあ、最初にちょっと「このやり方イケてる」と思ってやった人間は、
本当に勝者として残ってますか?
ということになってくるんです。


醜い争いって何で引き起こされるかというと、
自分がちょっとの間 優位に立てるからと言って
ずっと優位とも限らないし、自分が破れる事だってある、
ということをわからずに踏み切ってしまった先見性の浅さ。
先見性が無い奴が、バカな争いを開始してしまう。

裏を返せば、そういう争いを引き起こす奴ってのは
先見性が無い奴なんですよ。

自由というのは、バカが狭い先見性で
物事を壊す可能性も解放してしまいかねない、その側面もある
ということなんです。


ですから、具体的にどういけないとかいう話ではなく、
商売専門家でもない人間達に、価格競争という商業的な戦いをやらせていること自体、
筆者は異常だと思います。

クリエイターは物を作る人間であって、商売の専門家じゃないだろ、
という話です。

そんな人間達に商売をバーリトゥードでやらせれば、
金のための戦争になっていき、物を提供するというのが薄れていく。

さらに言えば、ちょっと目先の利益や私欲を満たそうとして、
それが後々、大きな災禍になってしまうことを平気でやり始める可能性がある。
そこに危機感を持っています。


●魔剣士リーネ2に関して

ウチはこの作品の攻略は扱いませんでしたが、
この作品の作者のやり口は、最低だと思っています。

もうすぐ出来ますよ~、と散々情報を見せて、
最後「発売日をお知らせします」と言っておきながら、
発売日は知らせずにいきなり発売。
しかも、土曜日という人の多い日。

完全のほかの作品は飲み込まれましたからね。


その上、弁明が
「思いのほか、販売サイトの審査が早かった」
だけで、
「いきなり発売してしまって、各方面の方の予定を狂わせてしまってすみません」
とか何も無かったですから。
外を全く見ていない。


サークル割引の項で話したことになりますが、
例えば、そういっただまし討ちをして良いというのなら、
相手がそのことを恨みを持って、報復してきたらどうなりますか?

知性というのは、むき出しに振り回して、
そのむき出しを押し通すためのネタや理屈をそろえることと考えがちですが、
本当の知性というのは、メタを見抜くこと、
その上で先まで計算しきるものなんですよ。

だから、
「そういった行為は、先見性がない行動だぞ」
と自分でわかった上で、考えきること。

そして、相手がそういったことをわからない馬鹿で、
自分の行為を賞賛してくれるとは限らない。
相手はそういったことを考えきる人間で、ひっくり返される可能性がある、
ということを踏まえた謙虚さ、
そういったのが、本当の知性なんですよね。


あの作者を見ていても、本当にやり口がしたたかというか、
自分は悪者にはなりたくないけど報復の精神は持っている。
そういうのが見えるんですよね。
荒らしとかに粘着されて、そういったものを一番に考えるようになってしまったのかもしれませんが。


なぜそう言えるかというと、
サークル割引のところでも話したように、
そういった争いの一番の被害者は、外の人間なんですよね。
割引合戦の潰しあいをしたら、たまたまそれと同じ日だった作品がとばっちりを受ける、
というもの、その部分ですね。

もし、ちゃんとした先見性、メタを見抜く知性があるなら、
その人たちへ対してのケアが、口から発せられるはずなんですよ。

それが出てこないというのは、
どいつもこいつも腐っているやつらだ、別にこのくらい何が悪い、
という世界しか頭の中に無いようになっているのではないか、
そう映ります。


だって、その発売日がぶつかった人が、本当に生活かかっている人とかだったらどうです?
その後、どんな報復してくるかわかりませんよ。

何も個人だけの範囲に収まるとは限らない。
その人が味方をかき集めて、何か反撃に来る可能性だってあるんですよ。

なのに、そこらへん、何も考えていないでしょ。
そういった人たちの心へのアプローチを何も考えようとしない。
当然、こういったのを指摘するのは筆者一人じゃないはずで、
発売日を知らせなかったことに何か言うべきではないか、
と直接、作者に指摘しているであろう人も結構いるはずなんですよ。

なのに、それが出てこないという事は、それを指摘されたところで、
「それに一理あるな」と考える、思考すらなくなっているということじゃないですか。


そもそも、「販売サイトの審査が早かった」とか
発売日を知らせる場合、関係ないじゃないですか。
発売日を知らせるのだったら、一応の発売日を設定して、
そこまで出ないように、どの販売サイトも設定していないとおかしいじゃないですか。

実は、発売日を知らせなかったことの弁明としては、
何も成り立っていないんですよ。
それは勝手に発売されるようにしていたけど、審査が早かっただけなんですから。
勝手に発売にされるようにはしていたことが一番の問題なのに、
すりかえてしまっているんですよ。

そういったものを鑑みても、
先見性が欠けた悪意がそこには含まれているように見えますよ。


で、こういったことを言うと
「正義の味方ぶりやがって、
自分の作品を売りたいときに売って何が悪いんだ」
という声をあげる人がいます。

では、その人たちに言っておきます。

「自分の作品を売りたいときに売って何が悪い。
金を稼げるときに稼いで何が悪い。」
それは[正義]じゃないんですか?

それだって正義じゃないんですか?
じゃあ、その正義ってなんですか?
それが実行されたらどうなりますか?

正義なんてそんなものじゃないんですか?

正義ってそんなに凄いですか?
実際にそれがまかりとおった後の姿を想像してみればいい。
それだって[正義]と言えば、正義と言えちゃうじゃないですか。
何より「自分の作品を売りたいときに売って何が悪い。
金を稼げるときに稼いで何が悪い。」
と押し進めて考えていたわけでしょ。


正義というのは崇高なもので、どこか遠くに真に一つだけあるものじゃなくて、
そこらへん中にあるじゃないですか。


だから、突き詰めれば、どっちが[正しい]か とか どっちが[偉い]か とかではなく、
一人の人間として、どういう思考なのか、何を見ていて、
どういうベクトルで生きていこうとしているのか、それがそれぞれあるだけの話ですよ。
その上で、筆者は、争いというものに関しては、
サークル割引のところで語ったような認識をしているから、
魔剣士リーネ2がやったようなやり口を受け入れる気は無いそれだけのことです。

一人の人間として、筆者の見る角度、捉え方はそうだ、というだけです。


●[お金と現実]

それで、これらの中で、
筆者に一番強く刻まれていることは、[Goddess of Memorier]の作者の横暴さですね。

やっぱり、あいつがこちらに向けていた眼差しの根っこは何かといったら、
「自分じゃ物を作らないで、人のふんどし飯を食いやがって」
「作品がなければ、お前らは食っていけないじゃないか。
だったら作品に文句言うなら、とっと売れるように万歳コメントかけよ」
という物でしたから、そういったのはみんなは実は根っこでわかっていることだけど、
それを本当に振り回す奴がいたということですね。

そこが一番刻まれています。
だから、この事件以降、筆者は作者という存在を根っこで信用なくなったのでしょうね。

それが、そこから先の作品を厳しく見るようになった、
そして、そういうもので踏みにじられたからこそ、
ただ売りさばこうとするのではなく、
[良い作品]を紹介していきたいという目で強く見るようになったのでしょう。

※筆者の姿勢を言っておきますと、
作品を作っているのは作者ですが、物を買うのは購入者なわけですから
売りつければ良い、
というのは購入者を騙してしまえ、ということにもつながってきますから、
それをやってしまうと、それがわかる購入者から斬り返されるだけですから、
やっても無駄、そう考えて作品を厳しく見るようにしていますし、問題点は言うようにしています。

だから、あいつの振り回そうとしているものが、絶対許せなかったというのもあります。

礼儀というのは、
そういったことを相手がわからずに引っかかってくれる馬鹿だ、と見下しては片付けてはいませんよ、
というストイックさ、そして、それを本当に見抜ける人からは
納得してもらえる1ランク上のキャッチボールでもあると考えています。



ですが、筆者の商売は
好きな作品だけをずっとやり続けるという事はできず、
次から次へと作品を扱っていかないといけません。

やっぱりお金のために扱わないといけない作品とかあったりもします。
世間的には受けていても、筆者としては納得の行かないもの、
そういったものを扱うとき、それが一番苦しいです。

例えば、筆者は[Rune'sPharmacy]とかは
酷いゲームの部類だ、と評価しています。
対して[祈りの少女シャルロット]とかは、あれだけ綺麗にまとまっていて、
評価されないんだろう、と不思議なんですよ。

[祈りの少女シャルロット]が、ボス戦で防御コマンドとかを駆使しないいけないから、
少しテクニカルでむずかしいというのなら、
[限界!?お兄ちゃん シスタートラベル]は何なんだよ、という話なんですよね。
あれも状態異常やら、行動順の制御やら、テクニカルのことを結構要求されます。
どっちが難しいかといったら、筆者はシスタートラベルと答えますよ。


そういうのを見ていると、
「奴らはラーメンを食ってるんではない。情報を食ってるんだ。」
という某マンガのフレーズにたどり着いてしまうんですよね。

大衆は、良いものをみんなで良いと言っているのではなく、
それっぽいものをみんなでいいものだと思おうとしているだけじゃないのか、

そう見えるんですよ。
こういうことを書くと、カチンと来る人もたくさんいるのでしょうけど。

それでも、攻略を知りたい人はいるでしょうから、
攻略を書くようにはしていますが、
正直、嘔吐や嗚咽をするような苦しみの中で書いています。
そういった作品を扱うときは。


何が一番苦しいかというと、
そういったのに意見したところで、
「これを良いと思わないお前のほうがおかしいんだ」
と大衆から血祭りにあげられたり、
一斉に作者仲間が擁護したりとか、そういったのが待ち構えている。

それをそれでも押し通そうとすると、こっちがバーサーカーになっていくだけなんですよね。
結局は、信者を集めている人間ほど守られているだけで、
本質はどこにあるんだろう、と悲しくなる。

エロゲ自体が金儲けのジャンルと言ってしまえばそうなのかもしれませんが、
ただ、それでいいのだったら、いわゆるおさわり系なエロを操作として楽しむゲームはともかく、
他に[ゲーム]である必要があるのか、ということにもなってくるんですよね。


真っ向勝負でゲームを作りたければ全年齢で作れば良いわけだし、
それだとお金にならないからエロも入れている、
その側面もあるでしょう。

筆者もエロ扱っているのはお金の側面はあります。

でも、だからといって、それっぽい作品に群がって、
それだけ良いと言うだけの人間しかいない、と決め付けてしまうのは
あまり悲しいことのように思うんです。

でも、実際問題、一度それっぽくて持ち上がった作品は、
[無謬]として扱われるようになってしまいがちです。

売れているんだけど、筆者の中では腑に落ちない作品を扱っているとき、
こういった作品を扱っているときは、
それを扱った結果、売れ行きが伸びたり、ヒット数が伸びても、
何か涙が出てくるようなつらさはあります。


そういう意味でいうと、もう大衆的に受ける作品というのを
あまり扱わないほうが良いのかな、という風に思ってきています。
[正しい性奴隷の使い方]みたいに、
ゲーム性も噛み合って、それでいて売れ行きも伸びているもの、
そういったものなら扱いたいですが、
雰囲気で最初から良いように思われている作品というのは、
筆者は手を出すべきじゃないのかもしれませんね。

pickup
注目作 DLsite

[おこめがない!]や[ルシア・スクリプト]は
過去作品の傾向などから、
性癖の部分に注意が必要な作品です。

[おこめがない!]は
25日予定とのことです。

[ルシア・スクリプト]は
4月14日予定だそうです。
3月27日まで半額 (DMM)
 極煌戦姫ミストルティア

極煌戦姫ミストルティアの紹介・攻略ページ
美少女ゲームコーナーと同人コーナー、
両方に並べて、
美少女ゲームコーナーだけ半額というのも、
まぎらわしいなあ。
攻略済み セール中
死して屍拾う者なし

マスターアップしたようです。

体験版の段階ですが、
別サイトに攻略記事を書きました。
とっつきにくく感じる人は、
そこに書いてあることに注意して操作してみると、
印象が変わってくるかもしれません。


ただ、最近のソフトハウスキャラは
地雷率が高いので
発売と同時に買われる方は、
自己責任でお願いします。
ダウンロード版 販売開始
ハニーセレクト DL版
通常版


ハニーセレクト+活発パック
追加パック同梱版
商業 デモ・体験版
基本的に金曜日に更新することが多いです
エロゲ、エロアニメ、PCゲームのダウンロードショップ - DLsite Pro
ポイント10%還元
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

マイページ

作品評価・レビュー

作品評価

で、購入済みの作品を
評価するとポイントが還元されます。
通常は、3%ですが、
キャンペーン中に購入した作品は、
この還元率が10%になっています。
サークル割引
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
DLsiteで、サークル様の独自の裁量で
割引が設定できるサービスが開始。
これにより、夏や冬の大型セール以外でも、
サークル様の判断により
割引を開始することが出来るようになりました。
GAME999
毎月 第二水曜日更新
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
pickup
Ecstase 戦姫占陵

[乳game]というワードで
ネットに検索をかけてみると良いかも。