ゲームデザインに関して思うこと その3

今回は、アクションゲーム系の話になります。
テーマは、人間と機械の違いです。

●それっぽいゲームと良いゲームの違い

アクションゲームとかで、どれだけ主人公側のアクションとかがよく出来ていて、
グラフィックもしっかりしていたり、音楽もしっかりしていても、
筆者が受け付けないタイプの作品があります。
それが、敵がわがままの塊なゲームですね。

敵がわがままというのは、どういうことかといいますと、
機械の目線で作られたゲームということを指します。


機械というのは、右手を動かせという命令を出せば右手が動き、
左手を動かせと命令が出れば左手が動く。
さらに右手が動いている状態で、左が動けという命令が来たら、何の影響もなく左手は左手で動く。
これが機械なんです。

右手を動かせ、左手を動かせ、単体なら人間でもできるでしょうが、
右手を動かしながら左手を・・・となってくると、機械と人間では話が違ってきますよね。

なぜかといったら、人間は視覚などの情報と照らし合わせながら、
全体でどうなっていくかを絶えず調整を繰り返して、
一つ一つの動作をやっているからです。

要は、人間というのはそんなに並列で物事を瞬時に処理できないという事です。
理論上は、人間という生物が並列で処理できる存在であっても、
常時それができるわけではないということです。

身体の部位を同時に動かすことは出来ても、
見ている情報、処理しようと頭の中でやっている情報が単一だったら、単一でしか動かないものなんです。


例えば、接近してくる近接攻撃型の敵と遠距離攻撃で狙ってくる敵がいます。

この場合、当然、どちらの敵にも注視しながら処理しないといけませんよね。
そうしないと、隙を突かれてダメージを受けてしまいます。

ところが、
近接型の敵が硬くて、中々倒れなくて、ずっと喰らいついてきたりしているところに遠距離攻撃が飛んできたり、
遠距離型の敵の射撃が弾速も連射速度も速くて、それを避けるだけで精一杯なところに、
近接型が突っ込んできたりしたらどうですか?

片方を処理している間に、ダメージとか喰らったりしていきますよね。
そして、敵の動きは当然、機械ですよね。
人間のようにそれぞれが調整しあったりせず、命令どおりに実行しているだけです。

デザインに関しての記事その1でも触れましたが、
スーパーマ○オの作者の方とかは、まずプレイヤーにとって、その人が「こういうゲームなんだ」
とわかったら、そこから色々と出していくという方式をしています。



プレイヤーのものにしてあげて、そこから敵を用意していっているんです。
プレイヤーを基準に、そこに敵が出てくるという考え方。


対して、筆者が敵がわがままといっている構築の仕方は、
プレイヤーにとってどういうゲームなのかではなく、敵が先なんです。

敵が人間を無視して、動作を振り回してきて、
人間が処理できなかったら、人間のほうが悪い、という難易度のあり方。
これを[敵がわがまま]と、筆者は呼んでいるわけです。


デザインというのは、作るのは作者だけど、どういう印象を持つのかは受け手という関係です。
リアルで服をデザインして、それを受け手がどう思うのかの関係とかと同じで、
ゲームを[デザインする]ということで言えば、機械の動きが、服の模様や色や柄に当るわけです。

そして、それをどう人間が印象を持っていくのか、という話になってくる。
だから、人間に対して、どういった挙動をする機械の動きをする[デザイン]になっていますか?
ということが根っこになってくるわけです。

それで、
やれ死にゲーだ、リョ○ゲーだ、玄人向けだ、現実の厳しさだ、
と色々言葉が飛び交いはしますけど、
「ゲームとしてどうなんですか?」
という話なんです。

それは押し付けたいシーンであって、ゲーム性ではないでしょ。
ということです。

だって、描写を見たいなら、押し付けなくても
見たい奴はわざと無防備で喰らいに行くじゃないですか。

例えば、アクションゲームで、モンスターが襲い掛かって、
その犯して孕ませにくる仕様だったとしても、
その襲ってくるモンスターをアーマーとかでギチギチに固めて、
倒せないようにする理由はありますか?

刃物で斬られたら、本当に真っ二つになる描写とかがあるとしても、
その刃物の攻撃を回避不能で、対処ができないようにする理由はありますか?

嗜好がゲーム性を侵食してしまっていると筆者は言いたいわけです。
そういった部分ですり替えてしまって、
「ゲームとしてはプレイヤーはどう感じる作品になっちゃっているの?」
ということを見ないことにしていっていませんか、と感じるんですよ。

ですから、プレイヤーキャラとかのアクションがしっかりしていても、
敵の行動のあり方とかが、そういった質のものだと、
筆者は、[良いゲームではない]と評します。

[作りこまれたゲーム]、[それっぽいゲーム]ではあるのでしょうけど、
[良いゲームではない]ということです。


●[普通]とは何なのか?

アクションやシューティングという、操作性などの腕の差が顕著に出来るジャンル、
そのジャンルのあり方で筆者が形が変わってきたな、
と感じるのが、見せつける作り方になってきたという点です。

自分のゲームとしてそのゲームをやるというより、
上手いプレイとかにしても、その人が見せ付けることが主体、
見せ付けるためのゲーム。

それに描写やグラフィック、理不尽難易度とかも
見せ付ける方向性のもの。


元々、上手いというのはそのゲーム自体を気に入って、
やりこみ続けた副産物のはずなのが、
そういった[ゲーム上手いんですよ層]が自分のメンツを保ち続けるために、
難しいものを攻略していくようになっている。
そのゲームを好きでやっていったがゆえに、色々テクニックを駆使できるようになったわけではない。

高難易度ゲーも、それに対する燃料投下という感じ。


特に違和感を感じているのが、難易度ノーマルって、本当に[普通]なの?
という点です。

クリアできない人に向けて低難易度を用意することも重要ですが、
筆者は、この[難易度ノーマルがちゃんと普通と言えるのかどうか]
その部分というのは、低難易度を用意する以上に重要なことだと考えています。

[標準]、[普通]という言葉って相当重い言葉なんです。

なぜなら、それ以下だと普通以下ということになるのですから。


特に筆者は攻略というものをメインに扱っている立場ですから、
自分がクリアできたとしても、
その人がクリアできなかったら攻略としては意味が無いということになりますし、
それどころか、その攻略でもクリアできなかったら、その人はもっとメンツがつぶれてしまう。

恥をかかせるために攻略があるのではなく、
その人にとってのゲームという視点で
「ここをこうやったら、こうできるから、これはこうやっていけばいいゲームだよ。
もし、上手くいっていない場合は、自分が照らし合わせてみてごらん」
と、その人のゲームであることを進化、深化させていくならいいのですが、
ゲームのほうが押し付け全開だと、
「気合でなんとかクリアして」とかに攻略の内容もなってきて、
それでクリアできるできないとか分かれてきても、悲しいだけですから、
いくら攻略を突き詰めてもそうなってくるタイプのゲームは扱いたくないです。


その人を、学校で先生に叱られて、
みんなから笑われるのび太状態にしても仕方が無い
んですよ。

こちらがそういった方向性を目指さないように攻略を組み立てようとしても、
ゲームのほうがそうなっていて、
結局、攻略の中身もそうなってくるような作品は扱いたくないという事です。


先ほども言いましたけど、それっぽいゲームの形を借りて、作りこんだのは良いけど、
嗜好の部分、演出の押し付けとかで、ゲーム性をすり替えてしまっている作品、
機械の動作を振り回している作品ですね。

そういったのは、それっぽく見えるから
その部分で人は集まってきてある程度はヒットするかもしれないけど、
やっぱりゲーム性の根っこの部分を見たら、押し付けにすり替わっている部分がある。


それなりにヒットしているから、そこに乗じて癒着するのは簡単だと思います。
感情を乗せずに攻略情報だけを坦々と発信するだけで良いのですから。

でも、その人にとってのゲームとして考えたときに、
自分でも納得できない仕組みをしていると感じられるものがあるなら、
同じようにそう感じるであろう人を無視したくないのです。
その人が少数に属する層であっても。

ゲームというのは、その人のもの、
というのが筆者の中でありますので、
その人がダメだったときにどうなのか、出来たときにどうなのか、
その人にとってのゲームというのを、攻略を扱うときもその視点で考えてやっています。


要は、プレイヤーに責任を与えてやりなさいということなんです。

自分がそれができなかったのなら、
「ここがこうだったから、こうなっちゃったんだな、次は上手くやるぞ」
とプレイヤーが納得するゲーム。
好きなだと思って色々やるのはプレイヤー、人間のほうだよ、ということなんです。

難易度ハードが難しいとかいうのは構わないんですよ。
自分で選んでいるのですから。
(エンディング条件とかで強制になってくると、また話は違ってきますが)

そして、難易度イージーなんてのは、
レースゲームでカーブを曲がるときに、リアルのプレイヤーの体も傾くレベルの人が選ぶくらいで、
後は難易度ノーマルでほとんどの人はクリアできるくらいで良いと思います。

アーケードなら、インカム回収というのがあるから
簡単にクリアされたら困るというのはわかりますが、
家庭用で難易度ノーマルを難しくするのはどうなのかな、と。

だって、難しいのをやりたければ、難易度ハードをすればいいじゃないですか。
そういう意味では、難しい難易度ノーマルを作る人より、
ちゃんとした難易度ハードを作りきる人のほうが凄い、と筆者は考えています。


ただ、嫌味のない難易度ノーマルを作れたら、
難易度ハードが無くても、プレイヤーのほうが縛ったり、色々な攻略法でチャレンジしたりとか、
勝手にやっていくものだとは思いますけどね。

結局は、どの方式がどうとかではなく、
プレイするのは人間であり、どういう人間をターゲットにして、どう発展させていく道筋を盛り込んでいくか、
その中身がしっかりあるかどうか。

買わせることが出来たかどうかではなく、
重要なのは、その買った後の人たちが、実際にプレイしてみたときにどうなのか、
そこなんですよ。
そこに嘘をつきたくないとは、心がけています。

DMM 攻略済み作品
RPG
正しい性奴隷の使い方-暗黒大陸開拓記- リリテイルズ ミッシングリンク プロナント・シンフォニー ドラゴンアカデミー2ぷらす もんむす・くえすと! ぱらどっくすRPG前章 もんむす・くえすと! ぱらどっくすRPG中章 プリンセスサクリファイス 行け!! 鳴神学園オカルト研究部 王女アイリスの世直し冒険記 ハーレムファンタジー 女騎士リフィナ~亡国の女騎士淫辱旅~ リトルブレイバー 祈りの少女シャルロット タカシの夏休み 堕ビッチレオナの露出のアトリエ クローネのヤリまくり魔女修行 Rune’sPharmacy ~ティアラ島のお薬屋さん~ 限界!?お兄ちゃん シスタートラベル

ACT
極煌戦姫ミストルティア 極煌戦姫ミストルティア 強化パッチ プラチナのワーエルフ

SLG
竜王ちゃんの野望 戦国ニート ウィッチナイツサーガ 浮遊都市の作り方
Dragon Carnival 雷神7 雷神7パワーアップキット

DLsite 攻略済み
商業 攻略作品
ソフトハウスキャラ
巣作りドラゴン BUNNYBLACK BUNNYBLACK 2 BUNNYBLACK 3 悪魔娘の看板料理
呪いの魔剣に闇憑き乙女 ウィザーズクライマー 王賊 雪鬼屋温泉記 アウトベジタブルズ
ブラウン通り三番目 レベルジャスティス その古城に勇者砲あり! 門を守るお仕事 DAISOUNAN
DMM 美少女ゲーム
エロゲはエロゲ
ジャッジマン 説教
(音量注意 [エロゲ]という単語を力強く連呼する動画ですので、
本当に音量は小さめにしておいたほうがいいです)

ここからは、上の動画を見た上での、筆者が解釈していることであって、筆者の個人的な見解です。
そこを勘違いしないように、読み進められてください。

問題の根本はどこにあるのかといったら、エロというジャンルには、
エロで勝負する気は無いけど、エロもつけておかないと売れないから
心の底で、ある意味嫌々ながらエロも混ぜているエロ作品と、
エロというジャンルで出来ること、娼館経営みたいな
エロというジャンルじゃないと無理な作品、
その両方が混ざっているという事にあると筆者は考えています。

そして、エロじゃないと売れないから、
エロとは関係ない自分が込めたいメッセージ性+エロをつけていて、
そこでエロ以外の部分が評価され始めたりとかの部分が出てきたときに、
エロそのものが芸術的に扱われ始めたりします。

そういったときに、
エロというジャンルに含まれる要素、すべてが凄いかのように扱われ始めていきます。

で、内側の人間はどれだけ感動的だ、芸術的だ、とか考えていたところで、
外の人から見れば、エロを凄い=「このエロ本すげえよ、このエロビデオすげえよ」
と言っている
という目で見る、ジャンルに詳しくない人たちから見ればそれが普通の目なんです。

特に、その中でも、いわゆる[お堅い人たち]という層は、
潰すべきものだと考えているから、
エロとかが目立ってくると、そのお堅いスピリッツにも火がついて、
叩ける箇所、粗探しモードにも火がついてくる。

そうすると、そういった人たちは叩きやすい箇所を選びますので、
アンダーグランドな要素のもののほうを狙ってくることが多い。
例えば、娼館経営みたいな、エロじゃないとできないこと、
こういったことのほうを「アンモラルだ、けしからん」とつるし上げてきたりとか。
グロとかのほうを「犯罪予備軍だ」とか規制してきたり。

そういうのからダメージ受けやすいのは、
[エロじゃなくてもできるけど、エロもつけておけば売れる、知ってもらえる]
という作品よりも、
[エロじゃないとできないことをやっている]人たちのほうなんです。

エロじゃないできないことをやっている人達からしたら、
規制が厳しくなると、自分たちのできることが減って窮屈になっていく、
だから、「エロだって凄い物がある、もっと日の目を見て良いんだ」
と、善意のように奮起してても、
「それって本当にプラスな事なの?」ということですね。

そしてエロというものじゃないとできないこと、
そういったアンダーグラウンドなもの、ということを踏まえて活動している人たちからすれば、
そうやって表へ出ようと騒ぐこと自体、
推奨したいことではない、むしろ、お堅い人たちの目にとまって、
規制されるリスクが高まるから[余計なことをしないでくれ]と言えるわけです。

「というか、そもそもエロって、
そういったアンダーグランドだとわかった上での活動の場だったのに、
日の目を見ようとかそういったことのほうがおかしくない?」
「そのアンダーグラウンドなものを表に出さず、
そのままのほうがその範囲内で好き勝手に出来るのに、
それを表に出して窮屈にしていってどうするの?」
というのが、上の動画の言いたいことのような気がします。

お堅い人たちが厳しくしてきたのを
「今はあいつらがうるさいけど、少し時間が経てば、また表で目立ってやる」
とか感情的に思っても、
「そもそも、エロってそうやって表に打ち出すものじゃないでしょ。」
と、内側(プレイヤーの皆さん)にも苦言を呈しているように、筆者は受け止めています。
それが[だって、エロゲだから]という言葉の意味ではないでしょうか。

ウィザーズクライマー [ソフトハウスキャラ]
3000DL 突破 おめでとう

今度はCエンドのRTAが
活発になってきていますね。

いつも言っていますが、
Cエンドに関しては、本当に
[自力で]先にエンディングを見てください。
動画をアップした人も、
そう注意書きしていますし、
プレイした人も、そう思っている人が
ほとんどだと思います。

隠してはくれていますが、
どこまでという基準も無いですから
動画というのは、基本的にネタバレされて
当たり前と思っておいたほうが良いです。

それと、動画を開く前のサムネの段階で
ネタバレ部分が目に入ってくる可能性もあるので、
動画サイトで検索をかけた時点で、
ある程度は覚悟しておいたほうが良いです。


それにしても、自分の攻略記事が
他人に活かされているところを見ると、
攻略記事を書いて良かったな、
というのはあります。

ここのところ、つらい流れでしたし。
いや~、癒される。
( ^-^)_旦""
注目作 DLsite
お知らせ

10月7日より、ダウンロード版のほうにも、
パッケージ版で付いていた小冊子が
同梱されるようになりました。

購入されている方は、
ダウンロードしなおしましょう。
10月27日 発売予定
割引中の作品
同人作品特集ページ
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
商業体験版
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
レンタルサービス
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
電子書籍
エロゲ、エロアニメ、PCゲームのダウンロードショップ - DLsite Pro
GAME999
毎月 第二水曜日更新 同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
DLsiteのポイント還元について
マイページ

作品・評価レビュー

マイ評価

を選択し、購入済みの作品を
5段階評価で評価しましょう。
購入から3ヶ月以内に評価すれば、
同人の場合、ポイントが10%還元されます。
(3%ではなく、10%が基本になりました。
商業などは3%のままです)
DMM
DMM 美少女ゲーム ブランド特集
DMM 美少女ゲーム
ハニーセレクト 〜コンプリートパック〜

カスタムメイド3D2 カスタムメイド3D2+ カスタムメイド3D2+ ACT.2 ジンコウガクエン2 コンプリートパック
DMM 美少女ゲーム
エルフオールスターズ脱衣雀【Windows10対応】

エルフオールスターズ脱衣雀2【Windows10対応】

エルフオールスターズ脱衣雀3【Windows10対応】

河原崎家の一族2 完全版【Windows10対応】

遺作【Windows10対応】

臭作【Windows10対応】

鬼作 アニメーション追加完全版【Windows10対応】

野々村病院の人々【Windows10対応】

WORDS WORTH【Windows10対応】

ドラゴンナイト4 Windows版【Windows10対応】

美少女ゲーム
(電波・狂気系 耐性がある方だけどうぞ)
さよならを教えて ~comment te dire adieu~ [CRAFTWORK]
美少女ゲーム
(ミステリー系 描写注意)
殻ノ少女

虚ノ少女

サクラノモリ†ドリーマーズ1,2セット ダウンロード販売 百奇繚乱の館 ダウンロード販売